TOP「読む力」「書く力」「考えぬく力」「表現する力」を育成する教室@赤塚 

「読む力」「書く力」「考えぬく力」「表現する力」を育成する教室@赤塚 

塾 名

教室名

希教育

(スクールのぞみ)  @赤塚のトレーニング教室

運営会社

株式会社希教育

住 所

東京都板橋区赤塚2-1-12 パンダビル3階(黄色いビル)

電話番号

03-3979-6866

FAX

03-3979-6839

受付時間

13:00 〜 16:00

定休日

日曜・祝日(ご予約のあるトレーニングは可能です。)

教室の沿革

中学受験専門塾からのスタートでした!!@板橋区

板橋区赤塚にある教室です。
中学・高校・大学進学予備校の教務を10年経てから、平成元年に中学受験専門塾としてスタートさせました。

「一人ひとりにもっと&ほっとを目指して!!」。この言葉のバックボーンとしての理念は、「小学生だけをしかも少人数制のもと、一人ひとりの学力の状況・目的に応じて、しっかりときめ細かく指導していく。」でした。

そして、指導内容を充実させるために「Kibiスーパー学習」「速脳速読」「eトレ」「e-Wing]システムなど先進のツールを他塾に先がけて導入運用し、能力開発プログラムとして「脳トレEQジム」講座開設、受験合格を高める目的でのぞみ独自で開発した受験算数Dayトレで多くの子ども達を指導させて頂きました。

さらにのぞみ独自開発教材の低学年用脳育算数Dayトレや記述力や発想力を高めるために考案された「おはなし366」「偉人に学ぶ」などの教材開発。これらの教材は各地の塾様にもご使用頂き嬉しいお声を頂いております。

「速読」においては独自のトレーニング法を見出し活用実践し、この指導方法についても高く評価頂いております。

現在は、脳力開発プログラムを中心に展開しております。

『触れ合い』を大切に!!

  「心を整える」こと、子ども達の心の成長にも十分配慮した指導を目指しております。

「挨拶」「椅子の出し入れ」から「机の上の消しカスはゴミ箱へ」「ゴミは下に落とさない」などなど・・・
その度に、子どもたちはいやな顔ひとつしないで耳を傾けてくれています。

  「ひな祭り会」「七夕祭り会」「年末お楽しみ会」「お茶会」などなど・・・俳画も作りました。あの時の作品はまだあるでしょうか?。

そんな『触れ合い』の時、普段見られない光景がたくさん見られました。小さい子のお世話を一生懸命にしてくれたり、準備のお手伝いからかたずけまで‥‥、あとからお母さまに聞くと「家では何にもしないんですよ。」と伺いました。でも、みんな立派にやっていましたよね。

茶杓を持った手が震えていました。
男の子も楽しそうに花を生けていました。
鏡もちを作った時、粉で真っ白になってしまった顔が懐かしく思い出されます。
その時の写真が今も残っています。
皆さんもう立派な成人になっていることと思います。

《思い出の作品》
サンタの靴作り.フラワーアレンジメント.押し花.ひな人形作り.和紙の笹飾り.七夕笹飾り.俳画作り(うちわ、風鈴、雛人形).兜.クリスマスツリー&リース.鉛筆立て.合格鏡餅.雛人形のり巻きなど

平成28年度からは子どもも大人も「卓球」にはまっています。

社会人の方には「卓球」が「速読」の視野トレのウオーミングアップになっています。
懐かしそうにされていらっしゃるお顔に笑みが・・・
お役に立てて、嬉しいです。

今後の「のぞみの歩み」

 長年多くの子ども達と接してきて大きな変化を感じます。豊かな環境の中‥‥あまりにも豊か過ぎて子ども達が自ら『考える力』をもてなくなってきていることです。

「ノート」と「テキスト」をどのように置けば書きやすいか。学習ドキュメント(学習スケジュール表)を持ちつつもそれに合わせて進めていけない子ども達。

低学年においては、買い物の経験がなくお金のやり取りが理解できない子ども達・・・。

それに対して中学・高校・大学受験及び就職試験など思考力を問う問題が増加傾向にあります。これを乗り切るためには、吸収力の早い段階で『自ら考える力』を身に付けるしかありません。

長年、のぞみ教育は「読む力」「書く力」「考えぬく力」「表現する力」この4つの力が生きていくために必要な力と考え微力ながら小さい頃からの子ども達の応援をし、
そして、中学受験を考えている子ども達が大勢の中で切磋琢磨に競い合い自信を持って歩いていける土台作りに力を入れております。

また、脳力開発にも力を入れ続けて参りました。

「速読」「脳トレEQジム」は子ども達だけでなく社会人の方々にも必要不可欠な力を応援する重要なツールでもあります。
平成29年度は、社会で活躍する卒塾生の実践チェック応援や社会人の方々のお役に立つ応援をして参ります。


板橋区赤塚のトレーニング教室 スクールのぞみ 安藤

未来力をつけよう!

身につけて欲しい未来のための力

 「自ら考える力」はいつの時代にもまたふだんの生活の中でも常に必要とされてきた基本能力です。モデルのない時代(=答えのない時代)といわれる現代では、そこに創造性を加味した「豊かな創造性に富んだ考える力」として必要性が以前に増して各方面から指摘されています。子ども達が活躍するだろう未来社会においては、地球規模のボーダーレス社会に一段と拍車がかかり、身近な問題をふくめ、未知の世界を切り拓くための解決しなければならない数多くの新たな課題が生じるものと思われます。それら解決のために新しい発想力による科学技術の開発や習慣・国籍の異なる人々とのより人間味あふれたコミュ二ティーの構築による共生など、「豊かな創造性に富んだ考える力」なしにはこれらを実現化していくことは難しいものと予想されます。もちろん個々の日常生活においても、新しい社会環境・価値観のもとこの能力の度合いが一人ひとりの幸福感に大きく影響を与えていくことは想像に難くありません。
 しかしながら現在の子ども達に最も欠落あるいは薄弱化している能力が、この「自ら考える力」ではないかと思われます。「マニュアル人間」(=自らの考えで行動することができない人間)ということばを耳にして久しい感がします。しかしマニュアルに依存する度合いはますます高まっているようにも思われます。特に都市部に住んでいる子ども達の生活環境全般を見回してみますと、家族関係の変容や電化・自動化が進んだ日常生活など、工夫や知恵を働かせなくても毎日を送ることができるようになっています。言い換えるなら現在の日本の子ども達は、「自ら考えて行動する」という最も大切な基本能力を鍛える機会から著しく縁遠い存在になっていると言うことができます。
 「豊かな創造性に富んだ考える力」を一人ひとりの子ども達が身につけることを、時代ならびに社会は強く要請し必要としております。例えば私立中学入試の記述型問題や都立中高一貫校の適性試験問題、また高校・大学入試における小論文などは、時代や社会の要請とリンクしており、受験生の思考・論述表現能力を入学の判定基準にしているものなのです。すなわち入学試験においても、従来の知識集約型から「自ら考える力」や「論理性のある表現力」を伴う思考・論述表現型(=精神性ならびに社会性の成長度判定型)へ大きく変わりつつあるということです。
 したがってこれからの学習で求められていることは、次のようにまとめることができるものと考えられます。

●「自ら考える力」の根本となる漢字を始めとする言語に関する豊富な知識をしっかりと身につける。

●「自ら考える力」の材料となるそれぞれの教科の基本事項の習得ならびにそれを日常生活で応用できるようにする。

●「自ら考える力」の技術となる典型的な論理展開の理解とそれを意識した考え方をする習慣を持つようにする。

●「自ら考える力」の客観性や発展性につながる文章表現技術や発言・会話技術を身につける。

●「自ら考える力」の推進力となる論理性の高い分野をふくめた広範な読書を心がける。
 もちろん、いずれの項目ともに短い期間で習慣化したり、マスターしたりできるものではありません。専門教師などの適切なアドバイスや指導も受けながら、計画的かつ継続的な努力を積み上げていくことが何よりも大切と言えます。
 
 のぞみ教育は、子ども達がこのような「未来力」を身につけ一人ひとりの夢や希望に向かって力強く成長して欲しいと心より願っております。また、未来にあふれた子ども達の良き助言者であり、良き伴走者であり続けたいと考えております。

能力開発プログラム

脳トレEQジム

 通常の学習だけでは育てにくい「脳力アップ」を実現するために、考える過程を楽しみながらトレーニングします。好奇心と探究心をかきたてる豊富な教具とプリント問題の数々がお子さまの脳力をバランスよくきたえます。楽しいから続けられる。でも楽しいだけではなく、増加傾向にあるPISA型問題にも対応できる思考力を育てるトレーニングができます。また、勉強だけではなく人とのコミュニケーションを大事に考え、脳トレだからできる学年を飛び越えた対戦や、がんばりを評価するプログラムも充実しています。もちろん、小学受験から中学・高校受験などの準備学習に役立つものも多く含まれています。

速脳速読トレーニング

 速読とは、欧米で実施されているスピードリーディング法のことです。この速読法は最新科学の知見を活かした能力開発メソッドで、コンピューターを使用して右脳を刺激し、文章を映像ですばやく読むことができるものです。一般的に言語・計算の働きをする「左脳」だけではなかなか文章を速く読むことができません。そこで、直感や創造の働きをする「右脳」を、文章を読むときに活用できるようにするトレーニングとなっています。専門的に言うと「脳の可塑性(かそ)」(=慣れ)を利用し、左脳と右脳の両方の脳をフル回転する「速脳状態」を作り出し、「見る右脳」で文章を看板でも見るように映像で取り込み、次に、取り込んだ文章を「読む左脳」ですばやく読み取るということです。

記述・発想・表現力UP

「読む力」「書く力」「発想力」「「表現力」を高める教材

「おはなし366」
○基礎編・思考編・観察力を高める描写編の三分野構成。

○設問から物語の創作、関連事項について深く考え自分の考えを書く問題など幅広い出題。

○ひらがなが読める幼児から高学年までに対応した問題構成。

*小学館様から教材及び掲載ご許可を頂いております。

偉人の生き方に触れ、知識を広げ生き方を考える教材

みんなの伝記

○偉人の生き方から設問に答え自分の感想を記述。

○偉人と同じ体験を通して知識を広げる。

○理科・社会(歴史など)へと総合科目的な学習へ発展。

*学研様から教材及び掲載ご許可を頂いております。

家庭学習サポート

算数Dayトレーニング

『考える力』を高めるためにも基礎学力は必要不可欠です。基礎学力の向上は、家で十分対応出来ます。そして自立学習の源は家庭学習です。

●《親子で会話!》
小1年から小3年の(5)番は、思考力・知識力を高める問題です。この(5)でさらに親子会話が弾みます。
 
●算数の得点力が飛躍的にUPするこれだけの理由!                            ★年間3650題を超える圧倒的な計算・一行問題のshower                      

★一人ひとりの学力に配慮したきめ細かな添削と徹底した個別対応の直し指導                                           ★「まずDayトレから」とほぼ全員が口にする家庭学習のナビ的機能性                   

★「Dayトレをやっていたから」といわしめる学習効果と高い第一志望校合格率               

★30年余りに及ぶ指導実績とご父母の高い支持率を誇る不動の信頼性                           

記憶に残る理科実験!

科学への興味を深める

 私達の塾の理科実験では、身近なものを材料に使い、身の回りの不思議な現象を解明していきます。理科実験講座に参加した子供達は、今まで当たり前だと思っていたことにすべて理論や仕組み・原因があることを知り、知的好奇心が育ちます。

希教育 (スクールのぞみ)  @赤塚のトレーニング教室

電 話

03-3979-6866

受付時間

13:00〜16:00

定休日・備考

日曜・祝日(ご予約のあるトレーニングは可能です。)

住 所

〒175-0092

東京都板橋区赤塚2-1-12 パンダビル3階(黄色いビル)

交 通

東武東上線下赤塚駅 北口改札前

ページトップへ